飲食店売上げアップマニュアル「かんたん客単価アップ法33連発」|モテモテ居酒屋集客研究所・小さな飲食店の集客サポート

小さな飲食店が今すぐできる簡単客単価アップ法33連発

それは誰もが知っていることであり、やる気になればすぐにできることであるにも関わらず、多くのお店が取り組んでいないことです。

目の前の店舗経営の忙しさに流されたり、万一お客様が減少したりすれば困ると心配したり・・・様々な要因で、踏み切ることができないことです。


しかし、「このままで良いかどうか」は、あなたが一番良く知っているのではないでしょうか?

そうです、このままで良いわけがありません! このメッセージを読んでいただいているということ──この事実自体があなたの問題意識、危機感を表しているのです。

小さな個人営業のお店こそ、いまこそ勇気を持って果敢に打って出るべきなのです。わたしたち「モテモテ居酒屋集客研究所」は、そのお手伝いをさせていただきます。

要は行動するかどうかです。わたしたちは、現状を変えたいあなたの背中を力強く押したいのです。

あなたとわたしたちが出会ったのも何かの縁です。それを好機に変えて、成功への道に踏み出してみませんか?

正解を言いましょう。それは、ズバリ、『客単価のアップ』です。

もちろん何も変えず、昨日までお客様にお出ししていた同じメニューを今日になって価格を上げるわけではありません。値札だけ上げるわけではありません。

当然ですが、おなじみのお客様の足もかえって遠のくだけです。

そうした課題を解決するには、発想の転換が必要です。

来店客数の維持・確保の努力はもちろん必要ですが、競合店が増え続け、人口減少が待ったなしのこの日本で、小規模店が来店客数を増やすのは容易ではありません。

はっきり言いましょう。外食産業で大きく客数アップを狙うのはほぼ不可能です。

では、どうすれば良いのか。
これからは、来店していただくお客様一人ひとりを大切にし、そのお客様一人ひとりになるべく多くのおカネを使っていただくことに考え方をシフト・チェンジしたほうが現実的なのです。

「理屈は分かった。でも、どうするの?」
「それは理想論で、実際は上手くいかないよ!」

そんな声が聞こえてきそうです。

何の考えもなしに「客単価アップ」を実行しようとしても無理ですし、そもそも「客単価アップ」は知っていても取り組んでいないお店がほとんどなのです。

なぜなら、小さな飲食店・居酒屋さんが『実効のあるノウハウ』を持っていないからです。
仮に思いついても断片的なアイデアだったり、面倒になってやがて止めてしまったり・・・。

小さな飲食店が今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発

しかし、わたしたち「モテモテ居酒屋集客研究所」は、すぐにでも取り組むことができる客単価アップのやり方に幅広く習熟しています。

自信を持ってそう断言できるのは、小規模店舗に対してわたしたちが長年にわたるコンサルティングで実証を、効果を確認してきたノウハウを積み重ねた『集大成とも言うべきマニュアル』をすでに完成させているからです。

本マニュアルでは、小規模店舗のコンセプト変更や店内外の大改装、メニューの大幅な入れ替えなど手間がかかり、成果が必ずしも保証されず、多額の支出を念頭に置いた大がかりなものではありません。

マニュアル名にあるように、今すぐに簡単に取り組むことができる「客単価アップのノウハウ」を33通りも紹介しています。

実際は、こうした客単価アップの手法の多くは、昔から存在し、さまざまな媒体や形式で世の中に広まっています。

しかし、本マニュアルはそうした一つひとつの方法を丹念に検証し、今という時代に通用するノウハウかどうか、核心になる考え方は生かし実践にはブラッシュアップして使えるノウハウかどうか、新しい発想が生かせるかどうかを慎重に見極め、その効果を見定めた上でまとめ上げたものです。

本マニュアルを使って、お客様も飲食店もハッピーに。

もっとも大事なことは、少しの手間や時間を惜しまずに、まずは本マニュアルの中で出来そうなものから、地道に実行してください

客単価を上げてしまうと、現在、ご来店されているお客様が来なくなってしまうとお考えの方がいるかもしれませんが、このマニュアルに掲載されている対策は、

●お客様が気付きにくい、商品に関する有益な情報や価値をお伝えする
●現在よりも商品の付加価値を高める
●お客様のさまざまな要望に対応できる仕組みや環境を作る
●特典や値引きなどで、楽しくおトクに注文していただく

ことを念頭に置いたものばかりです。

つまり、今よりも良い商品やサービスを提供するための対策ですから、客単価が上がっても、原則的にその分だけお客様にもっと喜んでいただけるお店になるのです。

決して、お客様のメリットを減らし、お店のメリットだけ増やそうとする対応ではありません。

もし、こうした施策でそれまで来店されていたお客様が来店されなくなってしまったら、それは「まず安さありき」「安さだけが目当て」のお客様です。

そういった客層に合わせていると、永遠に低価格・薄利で売るしかなくなり、この深刻になりつつある環境の中で、大幅に客数アップをしなければ利益を確保できなくなるという悪循環に陥ってしまいます。

このマニュアルに従って、行動はできるだけ早く今すぐにでも起こしてください。

3,000円の客単価のお店で、商品の一斉値上げやお酒の無理強いで、4,000円、5,000円に上げようとするわけではありません。

真面目で真っ当な創意工夫によって、100円でも200円でも上げていこうとするノウハウ集ですので、ぜひ積極的に取り組んでみてください。

ごく基本的なものから、ちょっと変わったアイデアまで、さまざまな側面から見た客単価アップ法を、初めての方でもなるべく実行に移しやすいように、事例を挙げながら詳しく解説してあります。

ぜひこの機会に、「小さな飲食店が今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発」を手にしていただき、あなたのお店のステップアップの第一歩として、1つでも2つでも「これはできそう」と思うことから着実・堅実に実践してみてください。

小規模飲食店を取り巻く厳しい現実を直視してください。

個人の居酒屋の競合店が増えている現在は、小さな町にも多店舗展開をする居酒屋チェーンが出店し、さまざまな統計調査を見ると、小さな個人営業の居酒屋はどんどん少なくなって来ています。

また、ここ数年、ファミレスやラーメン店チェーンでも飲酒客を取り込むための品揃えを強化し、牛丼・コンビニ・ファストフード・立ち食いソバチェーンなどが、続々とちょい飲み市場に参入して来るなど、異業種からのライバルも増えています。

このように競合店が増えていくにも関わらず、お客様の主力年齢層である日本の生産年齢人口(15歳~64歳)が、年間1%も減少し続け、さらに若年層を中心とした飲酒離れ・個人の外食費や企業交際費の低減・中食(持ち帰り惣菜店、出前)の台頭などがあり、居酒屋だけでなく小さな飲食店全体を取り巻く環境は、年々さらに厳しくなっています。

こうした状況に追い打ちをかけるように、2017年4月、消費税が現行の8%から10%に引き上げられるため、これまでにも増して外食控え・飲酒控えが懸念されているのです。

 商品内容  客単価アップマニュアル PDFファイル55ページ
 価格   3280円
販売方法 ダウンロード販売
特典付き 半年間無料メールサポート


※ご購入の方法はとても簡単です。1分程度お名前とご住所などを入力するだけです。
※当該商品を閲覧して頂く際、お使いのパソコンにadobe readerという無料のソフトをダウンロードして頂く必要があります。
※決済完了後、14日以内にinfotopユーザーマイページより商品のpdfをダウンロードして下さい。

お支払い方法は下記からお選びいただけます

お支払い方法

購入フォームへ

 

小さな飲食店が今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発

客単価アップに特化した内容なので集中して取り組める

本屋さんに行くと、繁盛店の経営者やコンサルタントが執筆した「儲かる飲食店成功の●●」「あなたのお店を繁盛店に変える方法」「小さな飲食店の必勝経営戦術」など、飲食店経営者向けの本がたくさん売られています。

その内容を読んでみると、新規客の獲得、リピーター対策に始まり、客単価アップ、接客サービス、従業員教育、料理・メニュー開発、経費管理についてなどはもちろんの事、経営者の心のあり方や時間管理法に至るまで、ありとあらゆる分野に渡って、さまざまな事が述べられています。

どの分野も、触れないわけにいかないのかもしれませんが、あまりにも内容の幅が広すぎて、結局、何をやれば良いのか分からず、実行できなかったという経験はないでしょうか? わたしにはあります。

「インターネット集客やチラシもやってみたいし、売れる看板メニューを作って、もっと客単価を上げたい。いや、その前に店内サービスを向上させないといけないし、それには、どうやって従業員教育をするかを考えなきゃならない」。

どれも重要だということは分かるのに、いろんなことを考えすぎて、何から手をつけて良いのか分からないというか、読むだけでお腹いっぱいになって、最終的に具体的な行動を起こせなくなってしまうのです。

人間の脳は筋肉と一緒で、ハードワークが過ぎると、疲労して動きが鈍くなるのだと思います。

あれこれと一度に、たくさんの分野の情報を詰め込むより、どれか1つに絞って、頭の中を整理しながら取り組んだ方が効率が良いのです。

ですら、このマニュアルは、内容を客単価アップ対策だけに特化しました。

もちろん、繁盛店、儲かるお店にするためには、新規客の獲得や接客サービス、経費管理なども重要ですが、視点がいろいろな方向にぶれてしまって、具体的な行動に移せなければ何の意味もありません。

いったん他のことは忘れて、視点を客単価アップに絞り、それだけに集中して取り組んだほうが得策です。

現場レベルまでかみ砕いた事例が豊富で、発想しやすい

飲食店の売上は、「売上=客数×客単価」という公式で表され、さらに、客単価は「客単価=平均注文点数×1品平均単価」という公式に分解することができます。

つまり、お客様1人あたりの注文点数を増やすか、1品あたりの平均単価を上げることで、客単価をアップさせることが出来るわけです。

お客様1人あたりの注文点数を増やすために、最も一般的な方法は接客によるものです。

お客様への応対時に、特に売りたい商品や関連商品をおすすめするように、朝礼などでトレーニングをしながら、全従業員に徹底しておきましょう。

ただし、押し売りのようになっては逆効果ですので、注文点数や客単価を上げるためでなく、「お客様にとって有益な情報をお伝えするため」という意識を持って取り組むことが大切です。

上の文章は、飲食店の客単価について簡単にまとめたものです。

特に間違ったことは書かれていないとは思いますが、このような漠然とした内容をいくら読んでも、飲食店の現場では、それほど役に立たないと思います。

飲食店の経営者が本当に知りたいのは、総論ではなく各論であり、「じゃあ、具体的にどうすれば良いのか?」という現場レベルまでかみ砕いた事例です。

ですから、このマニュアルではどこでも同じようなことが書かれている客単価に関する総論はできるだけ省き、具体的な客単価アップ法を詳しく紹介することに重点を置きました。

それぞれの客単価アップ法に、いろいろなお店の事例が満載されていますので、読みやすく、自分のお店ならどうするか?という発想をしていただきやすくなっています。

一話完結式なので、好きな項目を選んで実行できる

このマニュアルには
●メニュー・商品による客単価アップ法
●メニュー表による客単価アップ法
●仕組み・ツールによる客単価アップ法
●接客による客単価アップ法
●その他の客単価アップ法
の5つのジャンルに分けて、33の具体的な客単価アップ法を収録しています。

どれも、大がかりな変更や投資の必要がなく、一話完結の内容なので、あなたのお店で気になっている項目から、すぐに取り組んでいただけます。

このように、客単価アップ法の内容もさることながら、それを「いかに実行しやすくするには?」というポイントに注力してあるのが、当マニュアルの最大の特長です。

本当は、いろいろな分野の情報を網羅した方が、このマニュアルに興味を持ってくれる人が増えるとは思います。

しかし、真剣に客単価アップに取り組みたいとお考えの方にだけコンテンツを絞り込み、読んでいただければ良いと考えています。

最大のメリット、価格が3,280円とリーズナブル

現在、インターネットなどで販売されている飲食店の経営マニュアル、集客に関するマニュアル商材は、どれも最低1万円以上するものばかりで、中には数万円~十数万円もするものさえあります。

前述したように、本屋さんには類似した内容の分厚い書籍が1,000円~2,000円台でたくさん売っていて、かなりの価格差が生じています。

もちろん、情報の値段が高いか安いかは人によって感じ方が違いますし、マニュアルの執筆には膨大な時間がかかります。

DVDを作ればその制作費も必要だし、購入後のサポートがついていれば、手間も時間もかかるので、そのくらいの価値があるとの考えた上での価格設定なのでしょう。

それは大変よく分かりますが、普通は「確かに、貴重なノウハウかもしれないけれど、単純に情報量だけを比べたら、市販の書籍の何倍も何十倍もするって、いくらなんでも高すぎるよね・・・」と感じてしまわないでしょうか?

そこで、わたしたち「モテモテ居酒屋集客研究所」は、なるべく多くの方に読んでいただけるように、もう少しお求めやすい価格設定とさせていただきました。

思い切って3.280円にすれば、安い居酒屋で1回飲んだと思えば手が届きます。

いくら優れたノウハウでも、もし実行に結び付けられなかったら無駄になってしまいますので、情報の仕入れ額としては、この辺の金額が妥当ではないかと判断させていただきました。

購入フォームへ

購入者のご感想

このマニュアルは、インターネット販売の他に、モテモテ居酒屋集客研究所主催の過去のセミナーにおいて、たくさんの飲食店経営者の方に、参加費の一部にてご購入いただいており、大変ご好評をいただいています。

メニューの工夫に取りかかります

今までは、自分が美味しいと思う料理を作ることだけに専念してきましたが、他にも大事なことがあると分かりました。

特に、サイズや量の工夫は、客単価を上げるにはとても大事なことで、トッピングの事も含めて、真剣に考えなければならないと思いました。さっそくメニューの工夫に取り組んでみます。

千葉県 洋食屋経営 N.S様

お店の中の小さなところに、客単価アップのヒントがあると気が付きました

文章そのものが読みやすく、内容もとても参考になるものばかりでした。

客単価を上げるといっても、実際どうやれば良いのか分かりませんでしたが、マニュアルを読んでみると、お店の中の小さなところに、いろんなヒントがあるのだと気が付きました。

私のお店は、接客のセールスが弱いので、スタッフと力を合わせて頑張ってみます。

東京都 洋風居酒屋経営 吉田英彦様

とても勉強になりました

マニュアルを読んで、知っていたつもりでも、実際にはできていないことがたくさんあると思いました。

私が特に参考になったのは、メニューブックの数を増やすことで、言われてみなければ分からないことでした。その他にも、何かゲーム性を取り入れる、宴会の増加の項目も大変、勉強になり、読んでみて本当に良かったと思いました。

千葉県 ラーメン店勤務 玉田明美様

ちょい足しがとても参考になりました

1番参考になったところは、ちょい足しで客単価アップの項目です。

事例でも取り上げてありましたが、お店で出していたイカの丸焼きに、ねぎを大量にのせて「イカの丸焼きねぎまみれ」として、100円値上げしてみたら、高くなったのに注文数が増えて驚きました。

やっぱり、細かい基本的なことの積み重ねが大事なんだと思いました。

埼玉県 海鮮居酒屋経営 T.H様

メニュー表を変えて効果が出ました

メニューブックは、色やデザインがきれいで、見やすいことが1番と思っていましたが、「メニューブックの役目は、お客様が好みの商品を選びやすくすることではない。」との記述を見て、はっと思いました。

早速、載せる順番を入れ替えたり、商品説明を入れたりしたら、注文の数が変わってきました。パスタのトッピング一覧表も作って貼り出したら、効果が出て喜んでいます。どうもありがとうございました。

カフェ経営 匿名希望様

スタッフとのミーティングの良い題材になりました

難しい内容ではなく、全部の対策が独立しているので、とても実行に移しやすいと思いました。

私だけで思いつかないことは、スタッフとのミーティングで投げているので、良い題材になっています。みんな、いろいろなアイデアを考えてくれて、チームワークも良くなった気がします。

千葉県 焼肉店経営 小幡進様

もう一度、一から取り組んでみます

書かれてあることは、いちいちごもっともで、その通りとうなずける内容でしたが、どうにも面倒というか、日々の仕事が忙しくて、出来ていないことばかりでした。

ただ、お客さんを増やす努力もしなくてはなりませんが、客単価アップも重要なことなので、もう一度、一から取り組んでみようと思いました。

長野県 寿司店店主 榊原浩志様

宴会獲得に力を入れようと思います

全般的に大変参考になる情報が多かったですが、宴会の獲得についてが、最も興味深かったです。

うちは古くからある割烹料理屋で、宴会コースも値段だけで、内容までは決めていませんでしたが、店内の告知や、チラシなども含めて、基本的なことからやって行こうと思います。

また、宴会の募集だけでなく、自分達で企画できるように頑張ってみます。

割烹料理店店長 K.T様

購入フォームへ

Q&A

❶マニュアルはどんな内容ですか?
基本的なものから、ちょっと変わったアイデアまで、小さな飲食店が、すぐに取り組むことができる「33の客単価アップ法」を、「メニュー」「メニュー表」「仕組み・ツール」「接客」「その他」の5つのジャンルに分けて、詳しく解説した内容です。

決済完了後、PDFファイル(55ページ)を、infotopユーザーマイページよりダウンロードしてご利用ください。

初めて「客単価アップ」に取り組みますが、そんなわたしでもできますか?

はい、大丈夫です。
この「小さな飲食店が今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発」では、わたしたち「モテモテ居酒屋集客研究所」が約10年以上かけて、数多くの小規模飲食店の集客や売上アップのコンサルティングを経て学んできた「集大成」が完全なるエッセンスとして凝縮されているマニュアルだからです。
ですから、全く心配はいりません。

また内容は、商品の量やトッピング・組合せを変えたり、メニュー表やPOPの変更、接客応対のお声がけ、値引きや特典のやり方の工夫など、お店の人だけで、あまりお金をかけずにできる内容がほとんどです。

簡単なところから徐々にスタートしていきますので、初めて「客単価アップ」に挑戦されるお店でも短期間で成果が出るようになっています。

❸どんな飲食店が対象ですか?
基本的には、チェーン展開をしていない小さなお店であれば、どんな飲食店でも大丈夫です。

特に、居酒屋など酒類を提供するお店で役立つ内容になっています。

❹すぐにお店の客単価が上がりますか?
まずNOであり、次いでYESです。

客単価は、お店全体のお客様の平均値です。お店のコンセプトやメニュー構成の大幅な変更等を行えば、客単価はすぐに上げられますが、それには綿密な計画と準備期間、まとまった投資(お金)が必要です。

そうした大がかりな仕掛けや資金を必要としないのが、「小さな飲食店が今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発」です。

メニュー提案やメニュー表、接客などのちょっとした工夫で、今日からでもすぐに取り組める対策をまとめたこのマニュアル集です。

お金もかからず簡単で、しかも今すぐ客単価が上がる魔法のような方法はありません。

しかし、正しいやり方で対策した部分を後で検証してみると、必ず効果を実感できるはずです。要は、いくらコツコツと努力を続けられるかがカギで、その積み重ねによってお店の客単価は次第に上がっていくことが実証されています。

❺購入特典やアフターフォローはありますか?
特別なプレゼント等のアフターフォローはお付けしていませんが、マニュアルの中でご不明な点がございましたら、ご購入後、半年間はメールでサポートさせていただきます。

お問い合わせの回数は無制限です。これを以て、わたしたちがいかに「小さな飲食店が今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発」に自信を持っているかがご理解できると思います。

お問い合わせは、特定商取引法に基づく表記に記載のメールアドレスに送信してください。

❻気に入らなければ、返品・返金できますか?
いいえ。申し訳ありませんが、できません。

情報ノウハウという商品の性格上、返品・返金は一切承っておりません。

商品の質・内容には絶対の自信を持っております。あらかじめご了承の上、お申込みください。

追伸

この「小さな飲食店が今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発」に書かせていただいた大半は、人の習性や購買心理に基づいた、極めて当たり前な人間の行動心理に基づいた法則ばかりです。

おそらく、部分的にはあなたも以前に本で読んだり人から聞いたりしたことがあるかもしれません。しかし、その客単価アップ対策でさえ、個人経営の小さな飲食店では、ほぼ9割方が手付かずの状態というのが現状です。

「知識はある」「当然、実行しないより、した方が良い結果を生むことも分かっている」「しかし、実際にはできていない」──その理由は、あなたが長年続けているルーティーンの業務スケジュールに追われていて、どこかで聞いたことがあるような、不確かでありふれた客単価アップ対策ではやる気にならないから、だと思います。

しかし、どんなに素晴らしい教材でも実践しなければら成果はゼロです。

反対に、昔から伝わっている・誰でも知っているような対策でも、時間を取って真剣に地道に取り組めば必ず実を結びます。

ですから、見たことも聞いたこともない魔法のようなノウハウを求めたりせずに、目の前にある基本的な事柄や出来そうな事項から、まず一歩を踏み出してみてください。

一生懸命に頭をひねって、ご家族やスタッフにも協力をあおぎ、具体的な工夫や行動をするのが、客単価や売上げアップの最短の近道なのです。

もし、あなたが行動する決心をされた時、このマニュアル「小さな飲食店が今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発」が必ず強い味方になってくれるでしょう。

長いメッセージでしたが、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

マニュアル本編で、あなたと再会できることを楽しみにしています。

モテモテ居酒屋集客研究所
ハーレム平岡

 商品内容  客単価アップマニュアル PDFファイル55ページ
 価格   3280円
販売方法 ダウンロード販売
特典付き 半年間無料メールサポート


※ご購入の方法はとても簡単です。1分程度お名前とご住所などを入力するだけです。
※当該商品を閲覧して頂く際、お使いのパソコンにadobe readerという無料のソフトをダウンロードして頂く必要があります。
※決済完了後、14日以内にinfotopユーザーマイページより商品のpdfをダウンロードして下さい。

お支払い方法は下記からお選びいただけます

お支払い方法

購入フォームへ

特定商取引法に基づく表記

関連サイト

モテモテ居酒屋の集客ガイド

飲食店の新規客獲得対策、リピート対策など、豊富な集客情報が満載です。ぜひご覧ください。

FACEBOOKページ

飲食店の集客に関するニュース、居酒屋等の販促、広告事例などを紹介しています。ぜひいいね!をお願いします。

連絡先

千葉県流山市南流山4-5-1
セキグチビル205
TEL:04-7150-4841
業務用携帯電話:090-4671-1501
受付:10:00~18:00
定休日:土日祝

お問合せフォーム

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP